LP(ランディングページ)を制作する意味

ランディングページ(略称:LP)は今やwebマーケティング、web集客においてなくてはならないものとなりました。

その証拠として・・・皆さんが今、欲しいモノをGoogleで検索してみてください。
そして、検索結果の最上部に表示されている広告箇所のページを2つほど開いてみましょう。

いずれもランディングページ(以下、LP)だったのではないでしょうか!?

このようにwebマーケティングやweb集客における着地点には必ずと言っていいほどLPが用意されています。その理由を今回は解説してまいります。

ランディングページ(LP)とは

そもそも、LPとは何なのか。

LPとはwebサイトの1つの種類のことです。ちなみにホームページもwebの1つの種類のことです。

図解すると・・・

webサイト LP

このように感じです。

LPもホームページも同じwebサイトの仲間です。何が違うのかというと「目的」が異なります。

ホームページの目的はどんな会社なのかという会社に対する理解を得ることだったり、どんな商品を取り扱っているのかなど商品・サービスへの理解です。

一方、LPはというと商品やサービスへの問合せ、セミナーへの申込、サンプルの申込など

特定の行動を見た人に起こさせる

ことを目的としています。

 

1つのLPにつき紹介する商品やサービスなど訴求内容はたったの1つで、LPが見ている人に求める行動(申込や問合せのこと)も1つだけです。

そのため、他のページに遷移するような設計ではなく、皆さんが目にしたことがあるように1枚の縦長構成がLPの基本です。

ホームページやECサイトだと他のサービスや商品が気になり、「あともう少しで問合せようとしていた人」を逃してしまう可能性があります。

そう、見込客を逃さないために1枚の縦長構成になっているのです。

縦長構成の中に、キャッチコピーや実績、お客様の声、限定効果など見込客の興味を大きくする要素を散りばめて、「申込」「問合せ」「参加」といったいわゆるコンバージョン(※)を獲得すること、これこそがLPです。
※コンバージョン・・・webサイトでの成果のことを示す。たとえばLPでセミナー申込を得ることが目的の場合、申込を獲得できた=コンバージョンを獲得できた、となる。

LPの効果が高いビジネス

LPはwebマーケティングにおいて必要な集客ツールです。
ただし、その効果は業種や業態、取扱い商材・サービスによって異なります。

たとえば、請負型の中小製造業(※)の場合を考えてみましょう。
※言葉を選ばず分かりやすく伝えるといわゆる下請け製造業。

製造業の顧客となりえるターゲットは(大体が中堅~大企業の)製造業ではないでしょうか。
このターゲット顧客に対して具体的な売り物が請負型の中小製造業の場合にはありません。
なぜなら顧客のリクエストに応じて、モノを作り、納品するからです。

このように
・製造やシステムなどの請負型/受託式ビジネス
・またはターゲット顧客がかなり限定的な場合
この2つに該当する場合はLPを制作してもwebマーケティング面での効果は低いと思われます。

では効果が高いのはどのようなビジネスかを続いて考えてまいります。
※私がBtoBを得意としているため、法人営業のビジネスがメインとなること、ご了承ください。

LPを利用することで高い効果を授かる可能性が高いのは次のいずれかに当てはまるビジネスでしょう。

・販売単価、粗利単価が高額である
・販売する商品やサービスが無形である
・月額低額制(サブスクリプション)サービスである
・商品力が他社と比べて(圧倒的に)高い
・知名度に欠けるがサービス力は確かである
・セミナーや講演などの安価で流行に乗じたフロント商品を用意している

例を挙げると、士業といわれる弁護士、税理士やコンサルタントは上に当てはまるはずです。
具体的な目に見える商品やサービスは扱っておらず、いわゆる腕で勝負している職人型ビジネスを取り扱っているケースです。

職人型ビジネスのことを私は士業ではなく先生業と呼んでいるのですが、先生業においてはサービスが開始してからでないとその効果を体感することが出来ません。

アドバイスの内容が良かった
親切・丁寧に教えてくれた
即効性のある指導だった

全て契約して初めて分かることばかりです。

このように先生業では契約後にその腕の良さを知ってもらえるわけですが、LPであれば腕の良さを直感的にPRすることが出来ます。
実績やお客様の声がそれに当たります。
※他にもテクニックはありますが、これはまた別の機会に当ブログで説明しますのでしばしお待ちを。

よってLPを制作することでより多くの見込客を集めることが出来る可能性があるというわけです。

また、他にも最近流行りのクラウドサービスもサブスクリプションモデルでこちらに該当します。
システムサービス開発の選択肢が増えてきた今日においては起業間もないスタートアップ企業が良いクラウドサービスを提供していることが少なくありません。

商品力はあるものの、大々的なプロモーションに投資する余力がないといった企業にもLPはオススメです。

その商品力をLPにまとめることで、見込客に機能や機能のベネフィットを疑似体験させ、問合せを獲得することが可能となるからです。

上述したのは一例ですが、士業やクラウドサービス開発会社などに限らず、上に挙げた内容に該当するビジネスをしている企業においてはLPで多くの見込客を発掘することができる可能性が高いと言えます。

 

webマーケティング・web集客におけるLPの意味

webマーケティングには大きく2つの目的があります。

1:ニーズが明確な見込客から問合せを得ること(課題顕在客の獲得)
2:ニーズがない人の興味を惹き、ニーズを創出し、問合せを得ること(潜在客の獲得)

LPは前者の課題が顕在化している顧客を獲得する際に最も効果的なweb集客ツールです。

 

リアルな営業に話を置き換えると分かりやすいかもしれません。
幕張メッセとかビッグサイトで開催される展示会が2です。
展示会には「●●を必ず買う!」といった具体的な購買行動をする人は来ませんよね?

一方、1は個別商談です。メーカーの営業マンに来てもらって個別に商談を行うこと、現実の営業におけるLPなのです。既にあるニーズをふくらましたり、そのニーズに対して如何に自社サービスがピッタリなのかを語るなど、まさしくLPとやることは一緒です。

このようにLPはハッキリとした購買目的を持った人に向けたweb版のカタログ・チラシなのです。

まとめ

今回はランディングページ(LP)の存在意義を問うなど、あえてザックリとした話にしました。

LP制作ではその意義や目的、導線を理解しておくことがとても重要です。
単にカッコよく、イマドキっぽいデザインのLPを作るだけでは意味がありません。

では具体的なLP制作における検討事項やテクニックについては次回以降、書いていきますのでお待ちください。

 

<関連リンク>
エスコートLP(https://escort.ecrea.co.jp

少しでも「なるほど」と思ったらシェアお願いします。

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on pocket
Share on pinterest

この記事を書いた人

大川 直哉

大川 直哉

エクレアラボ営業担当 「営業は顧客の変革に携われる素晴らしい職種である」と思い込んでるマン。楽チンで楽しく、顧客のために最大効果を生み出す営業方法を日々、研究しています。 週末はもっぱらJリーグラバー。

おすすめの記事

カテゴリー

タグ